買取価格が3倍以上に値上がりしたトミカの事例⑩ はたらくくるま

トミカの魅力の1つは「はたらくくるま」のバリエーションが充実していることです。通常トミカだけでも多くのはたらくくるまがラインナップされています。

 

 

トミカリミテッドヴィンテージ系やトミカギフト、トミカくじなどても多くのアイテムがリリースされています。子供から大人まで大好きなシリーズです。

 

 

トミカの「はたらくくるま」という本が何冊も出版されるほどの人気シリーズです。人気シリーズということは、バリエーションが多くある=何が高く売れるのか?わからないという面もあります。

 

今回の記事では、トミカリミテッドヴィンテージ系のモデルを例に、高く売れる「トミカのはたらくくるま」を紹介したいと思います。

 

人気のはたらくくるま

 

まずは昭和を象徴するはたらくくるまであるオート三輪車です。その中でも、バキュームカー仕様を紹介します。

 

 

2012年6月にトミカリミテッドヴィンテージLV-122a☆マツダ T2000 衛生車として、2つのバリエーションが追加されました。

 

定価2090円です。トミカ買取.comでは、発売時はヨドバシの販売価格を基準にしています。ヨドバシの販売価格は36%引きの1260円。通常の割引率は下記で紹介するLV-123のダンプカーと同じ20%前後ですので、この価格は安いと言えます。

 

そのような場合は、20%に計算し直します。今回は定価が同じLV-123に合わせて1560円にします。ヨドバシでトミカを購入すると10%のポイントが付与されてます(販売終了商品は表示されていませんが)。この10%(156ポイント)を控除した実質販売価格は1404円です。

 

 

トミカ買取.comを開設したのが2014年ですから、販売時より1年ほど経過しています。その2014年の買取価格は、LV-122aが650円。LV-122bが600円です。

 

2020年にはLV-122aが2100円と3倍以上に。LV-122bは2000円。どちらも3倍以上になっているので、高騰していると言えるでしょう。

 

それでは2012年7月に発売されたダンプカーのトミカリミテッドヴィンテージLV-123aの買取価格はどうなっているのでしょうか?

 

 

2014年の買取価格はLV-123aは550円。LV-123bは600円です。2020年にはLV-123aが1300円、LV-123bが1500円と2倍以上になっていますが、バキュームカーほど高くはなっていません。

 

650円(2014年)→2100円(2020年)

600円(2014年)→2000円(2020年)

 

バキュームカーの方が1.5倍近く高くなっています。バキュームカーは高く売れるトミカと言えるのではないでしょうか。

 

550円(2014年)→1300円(2020年)

600円(2014年)→1500円(2020年)

 

今回は、オート三輪トラックが事例でしたが、トミカリミテッドヴィンテージでは、プリンス クリッパーにもバキュームカーがラインナップされています。人気のあるモデルとは言えませんので紹介しませんが、バキュームカー仕様が最も値上がりしています。

 


 

2点目に紹介するのが、レッカー車です。故障した車や駐車違反車両などを吊り上げて、けん引するための装置を持つ車です。トミカリミテッドヴィンテージではセミキャブオーバー型トラック「日産 C80型」のレッカー車をリリースしています。

 

 

まずは2009年4月にトミカリミテッドヴィンテージLV-75a☆日産 3.5トン トラック レッカー車(厚木自動車販売)が発売されました。

 

 

続いて、2009年8月にトミカリミテッドヴィンテージLV-80a☆日産 3.5トン トラックを発売されました。定価3080円です。いずれのモデルもネット上にはヨドバシの販売価格が残っていませんので、2015年10月に追加されたLV-75bを参考にします。

 

 

LV-75bは定価が値上がりしていますが、割引率は22%。LV-75aとLV-80aは定価3080円ですので、20%引きで計算しすると2464円。

 

トミカ購入時に付与される10%のポイントを控除すると2200円ほどです。 2014年の買取価格は、レッカー車のLV-75aが1300円。トラックのLV-80aは1100円です。

 

1300円(2014年)→2800円(2020年)

1100円(2014年)→1600円(2020年)

 

2020年にはレッカー車のLV-75aは2800円と2倍以上に。LV-80aは1600円。レッカー車の方が値上がりしています。

 

2015年10月に追加されたトミカリミテッドヴィンテージLV-75b☆日産 3.5トン トラック レッカー車(日産サービス)とトミカリミテッドヴィンテージLV-80b☆日産 3.5トン トラックでもレッカー車の方が高くなっています。

 

 

定価3520円ですが、ヨドバシでは42%引きの1980円。少し安すぎるので20%引きに計算し直すと2800円程度。10%ポイントを控除した実質価格は2500円程度です。

 

レッカー車のLV-75bの発売時の買取価格は1200円。トラックのLV-80bは1000円。

 

1200円→2600円(2020年)

1000円→1600円(2020年)

 

2020年にはレッカー車は2600円と2倍以上になっています。レッカー車は、高く売れる人気のトミカと言えるのではないでしょうか。

 


 

レッカー車と言えば「JAF」を思い浮かべる人も多いと思います。次はJAF仕様を紹介したいと思います。トミカリミテッドヴィンテージではランドクルーザーにJAF仕様がラインナップされています。

 

 

2011年2月にトミカリミテッドヴィンテージ初オフロード4WDとしてLV-104☆トヨタ ランドクルーザー FJ56V型が発売されました。

 

 

定価1540円。ヨドバシは33%引き 990円と安いので、買取査定に際しては20%引きに直します。1232円から10%のポイントを差し引くと1100円程度です。

 

2014年の買取査定額はLV-104a・bともに700円。2020年には2300円と3倍以上に高騰しています。ランドクルーザーもトミカでは人気のモデルです。

 

 

2011年9月にはトミカリミテッドヴィンテージLV-113a☆トヨタ ランドクルーザー FJ56V型 JAF仕様が登場しました。

 

 

定価1980円で、ヨドバシは32%引きの1270円。買取査定額の計算の際は20%引きに直して、付与される10%のポイントを控除します。1400円程度が実質販売価格になります。

 

2014年の買取査定額は800円でしたが、2020年には4倍近い3100円になっています。

 

700円(2014年)→2300円(2020年)

700円(2014年)→2300円(2020年)

 

ランドクルーザー自体が人気モデルですが、JAF仕様はさらに高く売れる仕様と言えるでしょう。

 

はたらくくるまの人気仕様は他にもパターンがあります。次回は、その別パターンを紹介したいと思います。

 

トミカを売るならトミカ買取.com

定番トミカだけではなく、トミカギフト・特注トミカの買取もトミカ買取専門店ブルー3へお任せください。


トミカを早く売りたいという方は申込みフォームから今すぐお申込みください。

商品到着次第、買取価格をお知らせします。

 

買取ブログ
トミカ買取.com|トミカ高価買取のポイントと買取価格表を公開中!